VIP接遇エキスパート清上綾子公式ホームページ   ~日本のおもてなしを世界に伝えます~

menu

清上綾子公式ホームページ&ブログ

上海での学び

中国やソウルで昔から付き合いのある方からの依頼で、接遇マナープライベートレッスンを受けることが年に数度あります。私の誕生日近辺が予約だったので、プライベートの休みを2日つけて行ってきました。夫には仕事中子供を見てもらう為に同行してもらい、感謝。

杭州には中国茶の評茶師・茶藝師の試験の為に何度も行っていますが、上海は今回で4度目。でもツアーではなくフリーで行くのは初めてでした。

アジア圏のマナーを体感するって、私にとってとても大切。
日本人文化のルーツが大陸にあることもあり、原点回帰することができます。
昔はこうだったんだろうな~とすごく感じます。
意識がとても高い人から、戦後を感じるシーンを目撃するところまで幅広く。

ゆっくりできなかったけど、豫園にほんの少しでも行けて幸せ(笑)。
シノワズリーが好きでたまらない私は、見るだけでも嬉しくて胸いっぱい。

今子供が超絶イヤイヤ期なので、チビと二人きりで乗り物に乗ることが恐怖です(笑)。都内でも二人では電車乗れない…。
ナイトクルーズもしたかったけど、チビつきでは断念。でも外灘みれただけでHappy。

茶人なので、お茶関係に心奪われて動きたいものの、それもなかなか出来ず…。
しかし茶友に聞いたら、以前よく飲んでいた茶葉店を紹介してくれて、誕生日に品茶させていただきました。武夷の岩茶と、正山小種の専門店です。好きなお茶と久しぶりに再会できて感激。
お茶屋さんに行くと、「龍井は出たけど、今出回っているのはまだ標高が低いところのだから、美味しいのは月末くらいから出るのだね~とか、小種紅茶は4月に入ってからの新茶が楽しみだね。甘いよ~」とか、色々2019年情報を聞いて頭はお茶のことでいっぱい。好きなお茶をゲットして抱えて帰ってきました。

危機もありました(笑)。
朱角家という上海から1時間くらいのところにある、水郷に行ってきました。
中国歴史ドラマを見るのが生き甲斐の私なので(笑)、古の景色が残るエリアに
行くのが大好き。得に水郷がたまりません。

今回上海で学んだことは多数あるけれど、
①子連れやベビーカーはホテルからタクシーに乗車しないと、街ではまず止まってくれない。
②初日最初の食事をとる時は、身体を慣らす為にいきなりローカルなお店には
 幼児と行かない。
③ローカルサイドに行く時は、事前にタクシーと約束をしておくか、終日貸し切りにするか、バスか鉄道で移動する腹案もないと大変な事になる。
④大陸に行く時は通信規制がかかるので、それを念頭に事前に日本でSIMカード
をゲットするか、専用のWIFIを日本からレンタルしていくのが安心。
⑤中国版We-chatはSIMカードを変えると、ログインできなくなる時がある。
 Googleは使えない。起動していても、位置が狂ってるから地図持参が一番。⑥日本で使用しているSIMカード落としても、再発行してもらえる。

①➔とにかくタクシーつかまらない。ホテルから乗る時は大丈夫、でも街でとまってくれない➔諦めて地下鉄カードをゲットして地下鉄移動➔ラッシュアワーを配慮しないと地獄を見る。子連れで行く方には特に地下鉄お薦めです。

②➔ガイドブックに書いてあるお店でも、現地の人でにぎわっているお店でも、
初日ってまだ体が現地モードになっていないので、生物を食べていなくても「油に当たる」ことが多いかも。主人は平気、でも私と娘は腹痛で初日は大変。でも
持参した胃腸薬と漢方薬で胃腸炎にはならずで何とか終わった。翌日からは慣れた(笑)。

③➔★今回あった危機はここ。朱角家にはタクシーで行かず、電車で移動しました。帰り場所を確認したかったのもあるし、ラッシュじゃないから人に気遣わず行けると思って。行きはよいよい、帰りが…。駅からかなり歩いたので、タクシーを捕まえて、ホテルの住所見せたらOKだったので乗車。しかしー走り出して5分くらいで「降りろ」という。えー!!!チビはまともに歩けない中、わけわからんところで降りろってーせめて駅まで乗せて!といっても、問答無用。行けなくなったから降りろと。英語もGoogle翻訳も通じないので、降りるしかない。怖いくらいの迫力で、凄まじい剣幕。現地の知り合いに連絡しようとしたら、We-chatがSIM変えたことによりログインできない。結局もう一度タクシー見つけて頼んで駅に行ってもらった。が、、、着いたのは駅ではなくバスターミナル。夕方は差し迫り、ラッシュアワー時間になってきていて焦る焦る。
最初に降りた電車の駅が、グーグルマップが大幅にずれているのでわからない。
結局近くにあった銀行に飛び込み、英語できる人を見つけ相談。高速バスがいいよと教えてもらい、とにかく行ってみる。案内はあまり出ていないので、困っていたら偶然に英語が堪能な80歳のおじいさまがが登場!人民広場まで一緒に行くから大丈夫だと言ってくれ、助かった。やっと安堵して帰路に着けた事件でした。神様はいる・・・とありがたくも痛感した出来事でした。
日本から行くなら、ワンデーツアーに申し込むか、往復高速バスを利用するか、往復電車が安心かも。タクシー終日契約か。

⑥➔もう一つプチ事件があったとすると、日本で使用しているSIMカードを紛失していたことに、帰国した時に気が付いたこと(笑)。こういうのってホント自分に疲労します。究極に困った!!どうなるの?!と思い通信会社に電話したら、3000円で再発行可能だと。同じ電話番号で10分以内に発行できると。更に、もし上海で誰かが拾っても新しく発行されたら古いのは使用不可になるから安心だそうです。空港からまっすぐ通信会社に行き、即解決。

めちゃくちゃ勉強になりました!色々あって、また一段と面白いのが出張・旅です。1歳児がいるとできることは限られリスクも増えますが、それでも忘れられない上海になりました。またいつかリベンジしたいな、水郷に(笑)

誕生日ありがとう!




関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031